スポンサーサイト

  

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  

2014年07月07日

メモ。作成中
あとで自分でやってみて、追加します

定規とかパース定規は、やれることが多いので
1ツイートにどう盛り込むかむずかしいな~

【定規】
[ウィンドウ]→[カスタム作成]で定規パレットを作成し、定規にチェック
・定規作成[shift]+ドラッグ
・定規の移動[space]+右ドラッグ
・定規の回転[alt]+右ドラッグ(クリックし始めのポイントが回転の中心)
・定規の拡大[ctrl]+右ドラッグ
スポンサーサイト

botで呟いているショートカット&機能 一覧

  

2014年06月26日

【保存】 Ctrl + S
【取り消し】 Ctrl + Z
【やり直し】 Ctrl + Shift + Z

【手のひらツール】 Space + ドラッグ
【パレットウィンドウ隠す・再表示】 Tabキー

【切り取り】 Ctrl + X
【コピー】 Ctrl + C
【貼り付け】 Ctrl + V

【スポイト】 右クリック
【スポイト スクリーン】 @
【スポイト アクティブレイヤ】 Ctrl + @

【すべて選択】 Ctrl + A
【選択解除】 Ctrl + D
【選択範囲を反転】 Ctrl + Shift + I
【選択範囲の表示・非表示】 Ctrl + H

【塗りつぶし】 Ctrl + F
【消去】 Delete

【ブラシツール】 B
【消しゴムツール】 E
【スポイトツール】 I
【バケツツール】 K

【自動選択ツール】 W
【投げ縄ツール】 L
【矩形選択ツール】 M
【選択ブラシツール】 C
【選択消しゴムツール】 Q

【描画色・背景色切り替え】 X
【描画色を黒・背景色を白に変更】 D

【スクロール ←】 ←
【スクロール →】 →
【スクロール ↑】 ↑
【スクロール ↓】 ↓

【全体表示】 Shift + Home
【等倍】 num1
【ズームイン】 PageUp
【ズームアウト】 PageDown

【回転 CCW】 /
【回転 CW】 \
【回転 大 CCW】 Shift + /
【回転 大 CW】 Shift + \
【全体表示 0°】 Home

【ブラシサイズ変更】 Ctrl + Alt + ドラッグ 
【ブラシサイズ 縮小】 [
【ブラシサイズ 拡大】 ]

【ブラシ フリーハンド】 Shift + F
【ブラシ 直線】 Shift + L
【ブラシ 曲線】 Shift + C
【ブラシ 楕円】 Shift + E
【ブラシ 矩形】 Shift + R

【下のレイヤーとグループ化】 Ctrl + G
【グループ解除】 Ctrl + Shift + G
【下のレイヤーと結合】 Ctrl + E
【乾燥】 A

【新規レイヤー】 Ctrl + Shift + N
【レイヤーを複製】 Ctrl + J

【左右反転表示】 H
【上下反転表示】 V

【現在のレイヤーのみ表示】 N
【描画部分を選択】 サムネイルを Ctrl + クリック(+ Shift で複数)
【描画レイヤーと選択範囲をとるレイヤーを分ける】 レイヤー名を右クリック(赤枠が出る)

【ベクター】ストローク選択 F
選択解除 B
パス追加 C
パス削除 R
ストローク削除 E

【ベクター】修正ペン G(Escで終了)
線種変更 ブラシ変更後「T」

----2014/6/26追加
【透明度で混ぜるブラシ(指先ツール・水筆)】
<細かく2>にし、
<補充> 0 <補充s> 0
<混色s> 100 <混色>大きめ

【キー設定2】現在の[ブラシ][色][レイヤー]をショートカット登録
1.【キー設定2】をクリックしアクティブにする(●重要)
2.<任意のキー>を押す
3.登録したい<項目ボタン>を押し、<有効>チェック
・解除・変更も(●重要)で行う
・不具合時は、key2.dat削除

【色がランダムになる七色ブラシ】
混色設定【粗く】or【粗く2】を選択
<ジッターH>色相
<ジッターS>彩度
<ジッターS>明度 を好みに変更
・色が濁るときは<補充>を大きくetc.

【補正S】
[メニュー]→[α]→[補正S] 0~20
[補正]の値が大きい時に、描画を改善

【猫補正 品質】
[メニュー]→[ブラシ]→[猫補正 品質] 低中高
[猫補正]on時に、描画を改善

【シームレス画像作り方】繰返し/タイルパターン/壁紙
1.分割されるので、大きめで新規作成
2.[メニュー]→[α]→[分割 ○x○]を選択
3.仕上がりを見ながら作業
4.[メニュー]→[α]→[分割 切り抜き]で保存

【線消しゴム】複数の線を一本だけ消せる
1.[メニュー]→[α]→[線消しゴム]にチェック
2.押しながら消せる。”最初に触れた”特定の線だけが消せる
・但し、重複部では、先に描いた線は一緒に消える

【ブラシサイズなどのスライダーを細かく動かす】
キーを押しながら動かす
・線消しゴムはShiftで消しゴムになってしまうので、オフにしておく

【ファイルの自動保存】
[メニュー]→[α]→[自動保存]→好みの時間にチェック
・ネコペをインストールしたフォルダの、[auto_save]フォルダに[auto_save.psd]として自動保存される。

【ブラシをスタンプ風に利用する】
画像のブラシを単体でポンポン押す時に
1.[メニュー]→[α]→[ブラシをスタンプ風に利用する]
2.<間隔>最大 <筆圧>なし に設定

NekoPaintの便利機能まとめ - Togetterまとめ http://togetter.com/li/433019
NekoPaint早見帳 - Togetterまとめ http://togetter.com/li/434414




修正しました

  

2013年11月01日

・ツイッター共有ボタンのリンク先がtopページだったのを修正しました

タブレットの設定とか

  

2010年04月03日

以前も書いたのですが、私のタブレット設定はかなり柔らかめなので
当サイトのブラシは、やや硬く感じるかもしれません。

筆圧が合わない場合は猫ぺのブラシ設定で調整してください。
・濃度をあげる
・筆圧曲線を調節する


『迎春ペン』のように筆圧曲線を極端に変更してあるブラシは
筆圧曲線を調節して下さい。

また、ブラシごとに調整するのがめんどくさいときは、
ワコムのタブレット設定画面のショートカットをデスクトップ等に置いておくと便利です。
(コントロールパネルにあります)

あくまで<私の場合>ですが、intuous4のタブレット設定画面はこんな感じ。

cap20100403_001_20100403235359.jpg

詳細設定を開くと、サンプルの窓があるのでチェックできます。
自分が通常使う範囲でちょっと力をいれたとき=筆圧が最大まで感知
くらいに設定すると、筆圧のない方でもスムーズに描けます。(主に塗りが)

・タブレットドライバ側で全体に設定するか
・猫ペイントなどソフト側のブラシの筆圧設定でそれぞれ対応するか

ということなのですが、
猫ペイントに関して言えば、ブラシの元々の筆圧=太さの関係は
筆ペンのようなバランスになっています。(細~太 まで滑らかに移行)

実際には、
 水彩の絵筆=もっと柔らかい(力を入れるとすぐに太くなる)
 Gペンなどペン類=もっと硬い(かなり力を入れないと太くならない。入りと抜きが長い)

だいたい、最小サイズor濃度の設定でなんとかなりますが、
各自で調整して、なんかうまいことしてみてください。

  

2010年02月18日

現在カラーインク風にぬらせてもらっている画像もあるので、そのうちメイキングにします。

メイキング展示は、私の画力がアレなので気まずいというか、ネガティブキャンペーンだと思われたらどうしよう!笑 というのがあって悩ましいのですが、
まあでもないよりは、あったほうが……?

すでにCGに慣れていて描ける人にとっては、あの程度の説明で十分でしょうし、
描けない人・CGはじめての人にとっては、あの程度の説明では肝心の作業内容がまったくわからない!
ということは、うすうす感じていますが、どうでしょう?
需要があるようでしたらもう少し詳しく説明します。

猫ぺが他ソフトよりいいなーという点は、あくまで私感ですが、

・描き味すばらしいよ!
・使いやすいよ!便利機能やショートカットあるよ!(注:慣れたら&分かればですが)
・綺麗な混色だよ! ブラシの設定がしやすいよ!保存できるよ!
・縮小表示が無段階で美しいから、描いててテンションあがるよ!
・軽いよ!

というあたりでしょうか。

そうは言っても、初心者にすすめるには敷居の高いソフトであることも確かなので、
当ブログでは、ポイントを絞って実際の画像を多めに入れて解説することで、
実践的に紹介していければいいなと思っています。




New Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。