スポンサーサイト

  

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水彩ざら3&4と下書き鉛筆

  

2009年06月14日

特に目新しいものではないのですがじっさいよく使っているお気に入り設定をさらしてみます。
ブラシ設定の参考にして頂ければということで、説明を多めにしてみました


●下書えんぴつ
色鉛筆が意外に気に入って、下書用に設定。ブラシ画像は色鉛筆と共通です。
細くしてもざらつきやかすれ感がでるので、画用紙やらくがき帳に描いた感じになります。
※補正は、高解像度の画像で、細いペンで素早くぐるぐる描くと、違いがわかりやすいかも。
(補正が足りないと、実際の手の動きよりガタガタになります。補正が多すぎても、折れ線を描いたつもりが曲線になってしまったり、描画に時間差が出たりします。環境や好みによって違うので、自分にあった値にしてください。)

b.n2=72
b.n6=84|b.n4=0|b.n13=213|b.n5=24|b.n14=256
b.n18=0|b.n17=0|b.n16=2|b.n12=0|b.n3=55.2405679598464
b.n21=1|b.n22=1|b.n23=0|b.n24=0.144023047620536|b.n25=3
b.n31=0|b.n28=2.3121387283237|b.n26=69.4915254237288|b.n27=156.521739130435|b.n29=50.2824858757062
b.n30=1|b.n33=0|b.n32=0|b.n34=1|b.n35=0
b.n36=0|b.n37=2.30263157894737|b.n38=0|b.n39=0|b.n40=0
b.n41=0|b.n42=1|b.n43=0|b.n44=1|b.n45=1
b.n100=|b.n1=12.1345448527812|b.n8=通常|b.n10=3|b.n11=1
b.n15=1|b.bitmap_file=cig_colorpencil0|b.bitmap_folder=|b.texture_file=|b.texture_folder=


●水彩ざら3
この水彩ざら3と4は、白などで塗りつぶしたレイヤー用に作った水彩です。
色を重ねたときの混色の透明感や、ざらつきやムラ感が特徴です。
(透明レイヤーでも使えますが、濃度ムラが出過ぎてやや使いづらいかも)

3のほうは、濡れたようなやわらかい質感です

また、今までの水彩を見直して、ブラシ間隔を広くとってもガタつかない画像にしたので、軽めです。

他の水彩筆は、もっと滑らかなので原寸だとつまらないのですが、これは原寸で塗っても雰囲気が出るかも?
紙のテクスチャを設定してもいい感じです。

cig_dot4c.png

b.n2=64
b.n6=194|b.n4=19|b.n13=41|b.n5=7|b.n14=256
b.n18=0|b.n17=0|b.n16=1|b.n12=1|b.n3=53.0926804886808
b.n21=0|b.n22=1|b.n23=0|b.n24=0|b.n25=3
b.n31=0|b.n28=31.5508021390374|b.n26=100|b.n27=85.3179190751445|b.n29=0
b.n30=0|b.n33=1|b.n32=0|b.n34=0|b.n35=0
b.n36=0|b.n37=4.17647058823529|b.n38=73|b.n39=0|b.n40=0
b.n41=1|b.n42=0|b.n43=0|b.n44=1|b.n45=1
b.n100=|b.n1=81.8200590069046|b.n8=通常|b.n10=3|b.n11=1
b.n15=1|b.bitmap_file=cig_dot4c|b.bitmap_folder=|b.texture_file=|b.texture_folder=


●水彩ざら4
こちらのほうがブラシ画像のコントラストが強く、よりざらざらです。
単体で塗るとスプレーみたいでいまいちですが、塗りつぶした上に重ねると3よりもにじみ感やざらつきが出ます。
混色と補充のバランスは、4は混色よりになっていて、(あくまで私の好みですが)質感が強いものの、ストロークにあわせてとけ込んでいく感じになっています。

濃度や補充、混色は、適宜調整してください。

cig_dot4e.png

b.n2=69
b.n6=115|b.n4=19|b.n13=81|b.n5=3|b.n14=256
b.n18=0|b.n17=0|b.n16=1|b.n12=1|b.n3=46.9776741842906
b.n21=0|b.n22=1|b.n23=0|b.n24=0|b.n25=3
b.n31=38.5026737967914|b.n28=29.4117647058824|b.n26=100|b.n27=78.9304812834225|b.n29=0
b.n30=0|b.n33=1|b.n32=13.475935828877|b.n34=0|b.n35=0
b.n36=0|b.n37=13.0331491712707|b.n38=11|b.n39=0|b.n40=0
b.n41=1|b.n42=0|b.n43=0|b.n44=1|b.n45=1
b.n100=|b.n1=79.6492310069595|b.n8=通常|b.n10=3|b.n11=1
b.n15=2|b.bitmap_file=cig_dot4e|b.bitmap_folder=|b.texture_file=|b.texture_folder=

●水彩にじみ2
以前の水彩点描にくらべて、画像が角張っているので雰囲気が微妙に!ちがいます
これは比較的、ブラシ画像は何でもいいので色々ためしてみてください。

cig_suisai3.png

b.n2=17
b.n6=102|b.n4=26|b.n13=63|b.n5=32|b.n14=256
b.n18=0|b.n17=0|b.n16=1|b.n12=0|b.n3=6.1847779631427
b.n21=1|b.n22=1|b.n23=0|b.n24=1.17653197983673|b.n25=1
b.n31=0|b.n28=0|b.n26=9.82658959537572|b.n27=74.9132947976879|b.n29=0
b.n30=1|b.n33=1|b.n32=0|b.n34=0|b.n35=0
b.n36=0|b.n37=19.1176470588235|b.n38=10|b.n39=0|b.n40=0
b.n41=0|b.n42=1|b.n43=0|b.n44=1|b.n45=0
b.n100=|b.n1=386.077712384437|b.n8=通常|b.n10=3|b.n11=1
b.n15=1|b.bitmap_file=cig_suisai3|b.bitmap_folder=|b.texture_file=|b.texture_folder=


●水彩汚し
上のと間隔などが違うだけなので完全に蛇足ですが、こっちは汚すときやムラを出すとき用です。
すごくうすい……のが特徴……??

b.n2=6
b.n6=102|b.n4=26|b.n13=63|b.n5=32|b.n14=256
b.n18=0|b.n17=0|b.n16=1|b.n12=0|b.n3=14.5904393713258
b.n21=1|b.n22=1|b.n23=0|b.n24=1.17653197983673|b.n25=1
b.n31=0|b.n28=0|b.n26=9.82658959537572|b.n27=74.9132947976879|b.n29=0
b.n30=1|b.n33=1|b.n32=0|b.n34=0|b.n35=0
b.n36=0|b.n37=19.1176470588235|b.n38=10|b.n39=0|b.n40=0
b.n41=0|b.n42=1|b.n43=0|b.n44=1|b.n45=0
b.n100=|b.n1=212|b.n8=通常|b.n10=3|b.n11=1
b.n15=1|b.bitmap_file=cig_suisai3|b.bitmap_folder=|b.texture_file=|b.texture_folder=




こんな感じでした。
とくに目新しくはないのですが、以前の水彩とまた微妙に違うので
自分で細かく設定するのがめんどくさい方(笑)は、お試し下さい。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://candypaint.blog37.fc2.com/tb.php/29-111e9915
    この記事へのトラックバック


    New Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。