スポンサーサイト

  

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラシを好みの設定に

  

2009年05月10日

作ってみたブラシは、高解像度用につくったものなので、
ウェブ原寸で描くには、ものによっては濃すぎて使いにくいかもしれません。

原寸で描く場合は「サイズ」はもちろんですが、
<ブラシ>パレットで、「間隔」をひろげて「濃度」をさげてみてください。

「間隔」を少しひろげると、うすくなります。(たくさんひろげると点線状になります。)

タブレットの種類や個人の筆圧によって、塗り重ねたときの混ざり具合なども
微妙に好みとちがう場合もあると思います。


濃い
  「濃度」を小さくする
  「間隔」を大きくする
    
混ざりにくい
  「混色」「混色S」を少し大きくする
  「補充」を少し小さくする

混ざりすぎる
  「補充」を少し大きくする
  「混色」「混色S」を少し小さくする


(補充Sは描き始めの色で、100より下げると、筆を洗わないで使うイメージです。
 慣れるまでは100のほうが使いやすいかも?)


混色はおもしろいのですが、扱いがなかなか難しいです。
私もまだ研究中でわからないところも……。
濃度・間隔とあわせてうまいこと調整すると、好みの筆になるっぽい。
油彩・厚塗りっぽく ←→ 水彩っぽく


また、作ったブラシ画像が大きめなので、原寸でざくざく使うには
色の濃淡がつきにくいかもしれません。
原寸用ブラシもそのうち作ります




------------------------------------------------


   試用期間中にぜひ使いたおしてほしいのでかなり必死な感じで。

私自身も、ペン入れいいなー 定規おもしろー くらいでずっと以前に気軽に買って、
その後、最近までブラシは配布されているブラシを使ってみるくらいでした。

つい最近、塗りやすいことに気付いて、友人知人にいいよーとすすめてみたんですが
ただ紹介しただけでは使えない人が多すぎた。

猫ペイントのUIは、けして特殊ではないと思うんですが、
最初のブラシが見あたらないのがわかりにくいみたいです。

で、使い方がわかっても、たまたま気に入るブラシがないと、使い続けてもらえないっぽい。

そんなわけで、親しい人にメッセで説明したり自分のブラシを配ったりしていたんですが、
私が思った以上に、最初の使い方がわかれば気に入って下さる方が多かったので
日記とかサイトでさらに紹介して頂いたりして、それを見た人がさらに興味を持って
……とここまではすごく良い感じなんですが、

でも最初はブラシがないから使えない!なにこれ!という現実にループです。

そんなわけで、
つたない説明ではありますが右も左もわからない方の参考にして頂ければ。
たまに間違ったことを言ってる部分もあると思うのですが……。

最初だけわかれば、普段から他のお絵かきソフトを使っている方なら、
そんなに難しくないと思います。

ここだけはわかってないと!という部分に重点をおいて、
ぼちぼち、かみくだいて説明していこうかなーと思っている次第です。

公式にも解説がありますし、ちゃんとした解説サイトさんが既にいろいろありますのでそちらもぜひご覧下さい。(リンクはってあります→)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://candypaint.blog37.fc2.com/tb.php/9-a0915a3f
    この記事へのトラックバック


    New Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。